GS TROPHY JAPAN 2012 ep.1   8 comments

6/1~3の日程で新潟県津南町で開催された”GS TROPHY JAPAN 2012″に参加してきました。
昨年はKRで観戦パックでの参加だったので、事実上初参戦のようなもの。
しかも今年はキャンプ道具一式を持参して臨むとあって行く前からヴォルテージは上がりまくり(笑)。

出発前日の夕方にはご覧の通り積み込みまで完了している有様でした。

明けて金曜日。
他に同行していただく3人とは8時半に関越道の赤城高原SAで待ち合わせなので余裕を見て5時半に出発!
横横~首都高~外環と走り1時間10分ほどで関越道にイン。
これなら遠回りでも第三京浜~環八ルートと大差ない時間かな?
関越に入ると心配していた雨がポツポツと落ちてきたので、高坂SAにて早めのカッパ装着。
雨の中をまったり走り8時少し前に赤城高原SAに到着~♪
バイク置き場に1台のADVがいたのでkomiさんだと思って早速写真をパチリ。

それにしても荷物が少ないな・・・と思って良く見たら全然違う方のADVでした。
それもそのはず、komiさんは気合いは入りまくりのオーバーランで谷川岳PAにいらっしゃるとのこと。
しばらくしてもう一方Mさんはいらっしゃいましたが、デラの引率者Sさんが来ません。
と思ったら手前の赤城PAにいらしたそうで・・・まぁここを待ち合わせ場所にしたときから、こうなるだろうなとは予想していたので(笑)。

ということで、谷川岳PAでやっと全員集合。
PA内で谷川岳の美味しい水をペットボトルに汲んで再出発。
塩沢石打ICで関越をおり1時間ほど走って会場のキャンプ場に到着。

受付をしてゼッケンと記念品のTシャツをゲット。

今年は229番を頂きました。
適当な場所を見つけてテント設営。私のテントはポンと開くだけのものなのであっという間に終了。

だんだんそれらしくなってきました~♪
タープも張る予定だったのですが、午後一からビギナーズトレーニングなるスクールに出るためキャンプ場から30分ほど走った所に移動。

トレーニング前にハプニングがありましたが・・・・山田純さんの講義を受けてスクール開始。
ビギナーズトレーニングという割にはベテランな方々までいるようで、さらには人数も多くて待ち時間ばかり。
重いADVを押しながらスタートラインに行くのが面倒になり、私は2回でリタイヤ(笑)して見学組に転向。
でもインストラクターの吉友さんの一言アドバイスは後のダートツーに大変為になりました。

ビギナーズトレーニングを早めに切り上げ、途中で買い物をしてテントに戻りタープを設営。
ビールを飲みつつ、翌日観戦組でいらっしゃるNさんやMさんをお迎えするにあたり粗相の無いように準備。

こんな感じに仕上がりました。
私のADVとキャンプの師であるkomiさんは、バーナーの調子が悪いと苦闘中。

ワイルドだろ~ぅ!
初日の夜はビールが無くなった段階でテントに戻り明日のコマ図ツーに備えて早めに就寝となりました。

つづく・・・。

広告

GS TROPHY JAPAN 2012 ep.1」への8件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 新潟往復、大変お疲れ様でした。
    文字通り浴びるほど飲まれたようですが、無事のご帰還で何よりです〜。
    ニュータイヤでのダート走行の感触は如何でしたか?

    • 同行させていただいた皆様と趣味はもちろんですが年齢も近いこともあって話が弾み、つい気持ちよくなって飲み過ぎてしまいました。
      翌朝少し二日酔い気味でしたが、午前中ゆっくりできたので平気でした。
      ニュータイヤ、最初は少しとまどいましたが慣れるとやはり走りやすいです。
      ダートは感想を述べられるような走りはできないので・・・私の走りならオンロードタイヤでも十分かと。
      転けるのを怖がってるようではダメですね(笑)

  2. すみませんm(__)m
    何故か?谷川岳と思い込んでしまいました(汗)

    あのテントは画期的ですね。
    ひとつ備えておいて使い分けたくなります。
    ヤバい・・・右手が・・・(笑)

    • いえいえ・・水を汲んでいこうと思い前日に集合場所を谷川岳に変更しようと思ったのですが、面倒なので変えなかったのです。
      おかげで手間が省けました(笑)
      あのテントのおかげで私のような素人でもキャンプに行こうと思えるのでありがたいです。
      Amazonで送料込み6400円なので私はすでに元は取った気がしてます。
      また夏の間にキャンプ行きましょうね。
      ところで今週末お店に行きます?

  3. おはようございます。
    あのGSでダートを疾走するなんて信じられません。
    でも自然の中で清々しい気持ちになれますね。楽しそう。
    ワンタッチでセットできるテントも便利ですねえ。
    山に持っていこうかな。(笑)

    • どうもです~。
      えーと誤解されていらっしゃるようですが、疾走なんてできません。
      へっぴり腰でヨロヨロ通ってきただけです。
      車重があるのでやわらかい砂利区間とかは恐怖感の方が先に出ちゃうんですうよね。
      できれば北海道にあるようなフラットで締まったダートを延々と走ってみたい感じです。
      テントは便利ですね。暗くなってからでも開くだけでおしまいなので楽ちんです。
      が・・収納サイズが長いので持ち歩きには不便じゃないでしょうか?
      因みに収納時の長さは68CM、重さは2.8kgのようです。

  4. 師匠
    キャンプツーのレクチャーお願いします!!

    ほったらかしキャンプツーやりましょうよ

    • 師匠ぢゃないから~。キャンプ初心者ですから~。
      ほったらかしキャンプ良いですね。
      レンタルが充実しているキャンプ場でやれば大丈夫かな?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。