Niagara Falls   8 comments

すっかりご無沙汰してしまいました。
10/7~20の約2週間、恒例のカナダ出張に行っておりました。
日本が体育の日で休日だった10/14はカナダでもThanksgiving Day(感謝祭)という休日で同様に3連休でした。
この連休を利用して、未だ一度も行った事の無かった「ナイアガラの滝」を見に行く事にしました。
131024_01

連休初日の10/12(土)は移動日です。
朝8時発の飛行機なので6時過ぎに空港に到着。
3連休の初日なので混んでるかな?と思いましたがそうでもありませんでした。
131024_02
トロントまでは約5時間のフライト。
時差が3時間あるのでトロントに到着するとすでに15時半。
ここからNiagara Falls という街まではシャトルバスが出ているのでそれを利用して向かいます。
約2時間ほどバスに揺られて到着。
このシャトルバスはあらかじめ言っておけばホテル前まで連れて行ってくれるので大変便利でした。
因みに料金は空港~Niagara Falls まで往復でC$140弱でした。

ホテルについたのはすでに夕方の6時過ぎ。
辺りは薄暗くなっていました。
ホテルの人に聞くと滝までは歩いて5分ほどとのこと。夜はライトアップされているらしいので暗くなるまで一休み。
夕飯を済ませて8時過ぎに滝まで歩いて行ってみました。
131024_04
まず目に入ったのがアメリカ滝。
ナイアガラの滝は英語でFalls と表記されるように1つではなく3個の滝で構成されているそうです。
このアメリカサイドの滝、一見すると1つですが正確には向かって右側の小さな滝を分けていて2個でカウントしています。

131024_03
そしてカナダ滝。
てか手持ち撮影なのでブレブレです・・・三脚を持ってこなかったのが残念でなりません。
1時間ほど散歩してホテルに戻り就寝しました。

翌13日はメインの観光日・・・なのですが天気は生憎の曇り。
雨が降っていないだけましかな^^;
今回は時間もないということで日本語ガイドの付く半日ツアーに申し込んでみました。
131024_05
こんなバスでお昼間で観光します。
てか、新婚さん晩婚さんカップルに混じってボッチ参加は私だけという有様。
でも申し込んでしまったので仕方なく一緒にツアーする事にしました。

テーブルロックという場所でカナダ滝を間近に見た後、霧の乙女号(Made of The Mist)という船に乗って滝壺間近まで接近します。
131024_07
通常は青いカッパらしいのですが、ピンクリボンなんチャラのキャンペーンで今回はこんなピンク色のカッパでした。
滝壺に近づくとミストなんてなま易しい状態ではなく、嵐のような有様。
哀れ新婚さんカップルの女性陣のお顔は水しぶきで台無し(笑)。
まぁナイアガラ周辺のマイナスイオン量はすごいらしいので翌日はさぞお化粧の乗りが良かった事でしょう。

上から見るとこんな感じでホント滝壺の間際まで行きます。
131024_08
これは午後に再度見に行ったときの写真ですが、すでにノーマルの青いカッパでした。

霧の乙女号に乗った後はバスで滝周辺を観光。
最後はお約束のおみやげ屋さんに強制連行されるというのが何とも日本人相手らしいツアーだなと感じました。
追加料金を払えばランチや午後のワイナリー見学にも参加できるとの事でしたが、丁重にお断りして滝周辺のダウンタウンでボッチランチ。
131024_12
アメリカに近いせいか、何となく雰囲気もアメリカっぽい匂いがしますね。

ランチを済ませた後は、ナイアガラ側に架かるレインボーブリッジを渡ってみます。
131024_09
橋の上から見るとアメリカ滝もカナダ滝も一望にでき壮大です。
しかし欄干が低いので結構怖い・・・高所恐怖症の私は端を歩く事ができません(笑)。
131024_10
この橋、途中にはちゃんと国境線があります。
そしてアメリカへ。
131024_11
と思ったのですが、入国審査場が休日という事もあって大混雑していたので入国せずに引き返しました。
ただ、すでにカナダは出国してしまっているので戻るにはパスポートが必要です。
出る際はチェックがないので、万一持たずに出てしまったらどうなるのでしょうかね?
どなたかチャレンジしてみてください(笑)。

朝から歩き疲れていますが、もう一踏ん張り。
カナダ滝の裏側へ行ける「 Journey Behind the Falls」へ行ってみます。
入口でC$18を払ってエレベーターで下りて滝の横へ出ます。
131024_13
ここでは黄色いカッパを渡されましたが、またもやずぶ濡れ。
でも迫力ありましたね。
さらに滝の裏側に掘られたトンネルで滝を裏から見れますが、これは正直「ふ~ん・・」っていう感じでした。
この後は近くを散歩したり、バーで酒を飲んだりして過ごしておりました。

明けて14日。本日は快晴です。
が、今日はバンクーバーに帰らねばなりません。
飛行機は夕方の4時で、シャトルは昼過ぎのピックアップなのでお昼までもう一度滝を見に行く事に。
多分もう来る事はないと思いますので見納めですね。

131024_14
昨日乗った霧の乙女号が太陽の光にまみれて幻想的です。
乗ってる方々はそれどころではないでしょうけど・・笑

131024_15
それにしてもすごい水量で、ものすごい迫力です。
しかも柵が低くて目の前が水面だったりするので、なんか引き込まれそうになる気がします。
きっと日本だと安全対策とかなんとかで、もっと柵が離れた場所に立てられ万が一にも飛び込んだりできないようにされてしまうでしょうね。
暫くボーッと滝を眺めてのんびりと過ごしていました。

131024_16
街中にはBMWのF800GSが走ってました。
カメラを向けていたら横にパトカーがいるのにウイリーしながらすっ飛んでい行きましたよ。
BMWのバイクに乗る方々は全世界共通でネジが弛んでいるようですね。

この後、昼過ぎにバスに乗り2時間揺られてトロントの空港へ。
131024_17
広い空港なので迷子になりつつなんとかゲートへ。
16時の飛行機に乗り5時間揺られますが、今度は時差の影響で18時にバンクーバーに到着。
2泊3日という強行軍でしたが、世界三大瀑布の1つであるナイアガラの滝をこの目で見る事ができ大満足でした。

広告

かずぅ による 出張, 海外 への投稿 (2013/10/24)

Niagara Falls」への8件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. 水煙を上げて凄い迫力ですねえ。ほんと、吸い込まれそう。
    やっぱスケールが違うなあ。
    ライトアップも綺麗だし。
    行ってみたいです。

    よしとみ
    • 世界三大瀑布で一番安全に行ける場所ですから是非行ってみてください。
      今回は時間がなくてトロントの街やニューヨークまで足を伸ばせませんでしたがきっと楽しいと思いますよ。
      三脚をお忘れなく^^

  2. さすがナイアガラの滝ですね!どこぞやの「吹割りの滝」とは迫力が違います(笑)
    ピンクのレインコートを着た!かずぅさんの 姿が見て見たかった(^^;
    ここで、キャニオニングしたら大変なことになりそうですな♪

    • 吹割の滝は今年は水量が少なくて残念な感じでしたからね。
      今回は一人旅でしたので自分撮りは無しなのでお見せする事ができません(笑)
      今までワイン樽に入って滝下りした方が16人いて11人が生還しているそうですよ。
      今もしやると1万ドルの罰金だそうですが・・・試してみますか?

  3. こんばんは。雄大な観光デスね。海外に出かけたことない私には夢のようなことです。滝の裏側は噂には聞いたことあります〜特に見なくていいよ。と言えるのは行った方の特権ですね。

    私もいつかは行きたいな。と。

    • カナダには出張で100回近く行っているのに、ナイアガラに行ってないのはもったいないという事で行ってきました。
      滝の裏側は確かにすごいのですが、見てもなんだか良くわからなかったので^^;
      お子様が大きくなられたら是非ご一緒にカナダ旅行してください。素晴らしい国ですよ♪

  4. すっげぇ~!!(゜ロ゜ノ)ノ

    ホントに出張なのかな??(笑)
    でも海外をポッチでぶらぶら出来るってのも羨ましいです。まずは…言葉が分かんない(汗)

    一度は観ておきたい景色ですね!(*^^*)

    • 出張の合間の息抜きでございます。
      ボッチ旅行は気楽で良いですよね・・・ちょっと淋しいけどね。
      言葉は何とかなっちゃいますよ・・・いざとなったらボディランゲージで(笑)。
      是非一度行ってみてくださいな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。