涼を求めて   2 comments

今週に入り暑さの峠を越えた感がありますが、今年の夏も暑かった。
当初の冷夏予想もなんのその、連日の35℃越えはバイクに乗る気力すら無くなりますね。
という訳で、いつもご一緒させて頂く華麗なメンバーと「何処かへ涼みに行くべぇ」という話になり出かけて参りました。

行った先は猛暑で悪名高き群馬県は前橋市(笑)。
ここでまず最近流行の天然氷を使ったかき氷をいただきます。
関越道の高崎インターから10分くらいの所にある”風花家”というお店。
どうやらお花屋さんのようです。
_0140826_1
10時の開店まで約40分程の待ち時間ですが、華麗衆メンバーのマシンガントークであっという間・・・むしろ足りない位?です。笑
一番乗りで入店してオーダー。
_0_0IMG_0687
メニューが色々あって迷ったのですが”大人のいちごミルク”にしてみました。
_0DSC00920
じゃ〜ん・・・マグロ丼じゃないよ。笑
ふわふわ(あえて平仮名です)のかき氷にたっぷりのいちごシロップ。
ミルク(練乳)は別容器でたっぷり提供されます。
一口食べるとうまぁ!二口食べるとうまぁうまぁ!!三口食べるとうまぁうまぁうまぁ!!!です。
私かき氷を食べると鼻と目の間がガキーーンと痛くなるのですが、このかき氷はそうなりません。
ふわふわだからでしょうか?不思議です。
途中で口直しに塩昆布をいただきつつ、あっという間に完食。
本当にお替わりしたくなる美味しさのかき氷でした。
また行きたいですねぇ。

さて、かき氷を頂いたら暑い前橋とはさようなら。
高速で赤城までワープ。
赤城から丸沼を抜けて金精峠を走り一気に日光へ。
金精峠ではOBで18.5℃まで下がりヒヤ〜っと肌寒いくらいでした。
_0DSC00923
中禅寺湖畔のPで休憩している際にNakaさんが「もう雨も降らないし脱雨男じゃね?」と大胆発言。笑
するとなんということでしょう!
Pから走り出して5分と経たないうちにポツポツポツ・・・・ザ〜!
_0140826_3
慌てて道路脇のPでカッパーマンに変身です。

お昼がまだですが、予定したお蕎麦屋さんに向かうため頑張って走ります。
いろは坂を下り、日光宇都宮道路を走り日光市内の”水無湧水庵”に到着。
_0IMG_0697
オーダーは一升蕎麦(10人前)&かき揚げ5個。
_0IMG_0696
じゃ〜ん。
_0IMG_0695
揚げたてのかき揚げは100円とは思えない程の美味しさ。
お蕎麦はもう少し水切りをして欲しかったけど美味しかったです。
てかもうね・・・お腹いっぱい。

本当はここから大谷石資料館へ廻る予定だったのですが、途中の渋滞や待ち時間が影響して時間切れとなり前を通過だけしてパス。
鹿沼から東北道に入り渋滞している車をスリスリしつつ羽生Pへ。
_0_0140826_2
ここでNakaさんからソフトをゴチになりました。あざ〜っす!
ここで解散という事になり、私は浦和から首都高中央環状〜湾岸線〜横横と頑張って走り7時半前に無事帰宅。
今回も無事故無検挙で楽しいツーリングでした。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。

広告

かずぅ による その他, ツーリング, バイク, R1200GS/ADV への投稿 (2014/08/26)

涼を求めて」への2件のフィードバック

RSS でコメントを購読する

  1. かずぅさん!こんばんは♪
    久しぶりのロングツーリング楽しませていただきました。かき氷&蕎麦も美味しくいただけたので最高のツーリングでしたね♪
    ただし、ワタシの軽率な発言によって雨を降らせてしまってゴメンチャイ(笑)

    今週末の白馬については、一切発言しませんから皆さんのお力を発揮していただきたいですなぁ~♪

    • 久々のRTでのツーは楽しそうでしたね。後ろからでもルンルン♪って感じが見て取れましたよ。
      雨は・・・まぁしょうがないですね。最近は雨もまた楽し♪と思って走ってますので無問題です。
      白馬、どうせならはれて欲しいけど土曜日は微妙ですねぇ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。